• 2016.11.20

自己破産をしたらマイホームは守れる?

自己破産とは、個人再生(マイホームを残しつつ、借金を圧縮して返済していく方法)と同じように裁判所に申立て、認められることにより実行されるものです。

もし、あなたが家のローンを払えなくなり、自己破産をお考えでしたら、借金は0になり一見良さそうですが、実はデメリットもあります。

自己破産をした場合、信用機関にあなたの名前が登録され、一定の期間(5~7年)クレジットやローンを組めなくなります。

更に、借金は無くなりローン返済の不安・ストレスからは開放され、新しいスタートを切ることは出来ますが、一般的な家具や家電製品はそのまま保有することはできても、持ち家や土地、車などを手放さなくてはいけません。

自己破産をする時に一定の資産を持っている場合、それは管財事件となり、そうなれば破産管財人により、競売、もしくは任意売却にかけられて処分されてしまいます。

つまり自己破産をすると、マイホームを守ることはできないのです。

結局は競売か任意売却のどちらかを選ぶことが必要となってきます。

このように多くの業者も任意売却を選ぶように勧めます。

お問合せ:http://n-b.jp/?page_id=62

無料査定:http://fudousatei.com/free/


熊本不動産査定センター

無料オンライン査定