• 2016.11.20

任意売却の際に掛かる費用と必要な書類

任意売却にかかる費用

任意売却は一般的に不動産を売却する際にかかる不動産の売買仲介手数料・登記費用・場合によっては測量費用・解体費用などは一切かかりません。

不動産を購入される方が、債権者にお支払いになる売買代金の中から支払われるからです。

ですから、手続き中に『事務処理代』・『任意売却促進費』などと称して現金を求めて来たりするような業者には引っかからないようにしましょう。

任意売却の際に必要な書類

○登記識別情報(登記済権利証)のコピー

○身分証明書(運転免許証もしくは、パスポート等)のコピー

○物件購入時における、不動産売買契約書および重要事項説明書

○建築確認申請書写し、間取図、購入時のパンフレット

○固定資産評価証明書(土地・建物)

○固定資産税納付書のコピー

○マンションの場合は、管理規約書、管理費と修繕積立金の明細、管理会社

○物件の写真(外観、街並み、エントランス、水回り、各部屋、ベランダを各2~3枚)

○住宅ローン借入時の債権者との金銭消費貸借契約書、保証委託契約書

○競売開始決定通知書、督促状等

○印鑑証明書

お問合せ:http://n-b.jp/?page_id=62

無料査定:http://fudousatei.com/free/