購入と賃貸はどちらがお得?

これからの長い人生において、家を購入した場合と、賃貸で老後を迎えるのは、どちらがお得なのでしょうか?

結論を先に言いますと、3000万円の新築マンションを35年ローンで組んで購入した場合(頭金・初期費用・固定資産税・管理費・修繕積立金等含む)と、マンション家賃10万円を賃貸で35年住んだ場合(2年に1度の更新料・管理費・駐車場代等含む)にかかるお金をおおまかに比較してみても、35年で見ると、購入派と賃貸派では対して大きな差はありません。

ただし、35年、賃貸は払い続けていきますので、断然購入派の方がかかるお金は少なくて済みます。

定年退職するまでに格安な賃料で住める社宅や、いずれ実家に戻る、などの老後に住む家が確保できている人はともかく、それ以外の人はマイホーム購入の検討も考えてみてはいかがでしょうか。

では、これから家を購入する場合に気を付けておくべきこととは一体何なんでしょうか。

現在の日本での不動産状況、経済状況の中での不動産購入は、3000万円の新築の家を購入した場合、20~30年後には価値が下がり、1800万円~2000万円にまで落ちてしまいます。

まず1つめは、もしも売却する際のことを考えて、駅に近い、人気のエリアにある立地条件、価値が落ちにくい、下がりにくい物件を探すように心がけましょう。

2つめは、新築で購入しても、住宅ローン返済額以外に年数が経過すると、家電を買い替えるのと一緒で、家にも修繕が必要になってきます。

常にメンテナンスをしないと、資産価値も落ちてきます。

そういった意味では、購入するにあたって、お金のかからない家を選ぶことも大事です。

3つめは、長持ちする家です。

最低限として、「長期優良住宅」であることです。

住宅ローンの控除の控除率が高い、固定資産税や不動産取得税、更に登録免許税などの優遇措置が受けられ、家を売却する際にも売れやすい、という特典があります。

わからないこと、お尋ねになりたいことがございましたら、熊本の不動産ジョイホームまで

096-288-0611

お問合せ:http://n-b.jp/?page_id=62

無料査定:http://fudousatei.com/free/

最近の投稿

PAGE TOP