不動産会社のからくり

人口は減少する半面、不動産会社は増えてきていると感じませんか?

家や土地はそう簡単に売れる物ではないし、その中で競争する不動産業界も大変ではありますが、自社の利益を上げることだけしか考えていない会社もあります。

家を売ろうとする人はまず、「自宅が一体いくらなのか?」見当もつかないので、1社では比較もできないし2、3社ほどに査定を依頼するはずです。

不動産会社によって査定価格はまちまちですが、なかには「え?こんなに高くていいの?」と思うような価格で提供してきます。

そうすると、売主は少しでも高く売りたいので『一番高く提供してくれた』不動産会社に決めたとします。

そこで、だまされてはいけません。

特に「利益が一番」と思っている会社は、最初から売れもしない無理な高値を言ってきます。

とりあえず、この価格で売りに出しますが、もちろんのこと、なかなか売れることはありません。

不動産会社も「売れない」と分かっているので、宣伝活動もしません。

しばらくして、売主がしびれを切らす頃を見計らって、「このままでは売れないので、値段を一気に下げましょう。」と持ちかけるのです。

大手の不動産によく見られる『うまい言葉でどんどん値下げさせて、売って、数をこなそう」というやり方です。

結果、売主の希望価格とは程遠い、低い値段で手放すことになってしまうかもしれません。

こういうやり方はおかしいと思われるかもしれませんが、売主の方にも非があります。

「他社より1番高い査定額を出してくれたから」だけの理由で決めませんでしたか?

こういった不動産会社のからくりをきちんと理解したうえで、納得のいく売却ができるとよいですね。

熊本の不動産《ジョイホーム》では、お客様にご満足いただく会社でありたいと頑張っております。

電話 096-288-0611

お問合せ:http://n-b.jp/?page_id=62

無料査定:http://fudousatei.com/free/

最近の投稿

PAGE TOP