• 2017.03.31

住まない空き家は3年以内に手放したい理由

完全に空き家になってしまっている場合は、この先人が住む予定もないのでしたら、3年以内に売却することを、『ジョイホーム』ではお勧めしています。

なぜ3年かといいますと、税法上の特典が使えるからです。

人が住まなくなっている空き家は、(居住用財産《マイホーム》)に限りますが、3年以内に売りますと「利益のうち3000万円までは課税されない」という特典があります。

しかし親が亡くなり家を相続しても、子供が所有者として居住していた期間がないとこの場合は、上記の特典は当てはまりません。

また、住まないからといって更地にしてしまうと、家の取り壊し日から1年以内に売買契約を結ばなければならず、特典も受けられないし、固定資産税も高額になります。

また、転勤などでしばらく家を空ける。親が長期入院や老人施設などに入る。などで一時期誰も住まない場合、管理を怠ると、特に木造住宅はとても痛みが早くなります。

こまめに空気の入れ替えをしないと、半年もしないうちにゆがみが出てきてドアがきちんと閉まらなくなったり、水を1ヶ月も流さないでいると、排水の匂いが広がり家の中が臭くなります。

面倒くさがって管理を怠っていると、あっという間に古くなり、知らないうちに「危険で見た目も悪い空き家」と認定されてしまい、固定資産税が最大6倍にまで上げられてしまいます。

どちらにせよ、人が住まない空き家はそのままにしているよりも、対策を考えた方が良さそうです。

空き家の措置に困られている方や、不動産に関するご相談は、【ジョイホーム】にお気軽にお問い合わせください。

電話 096-288-0611

お問合せ:http://n-b.jp/?page_id=62

無料査定:http://fudousatei.com/free/