• 2017.03.20

中古住宅を売る時の集客の仕方(内覧と広告編)

熊本で、「中古住宅を売りに出したい」と検討されてる方、どのようにすれば少しでも売れやすくなるのか、たくさんある中で今日は、2つ挙げてみたいと思います。

1つめは、中古住宅を販売活動中、「物件を買いたい」と考えている人が家の中を見学に来ますが、この『内覧』は家を売り出すにあたって、非常に大きなチャンスです。

物件を探している多くの人は、「今日や明日にでも家を見たい」と考えており、そんな時に「今日は対応できない」などとこちらの都合で断っていては、見込み客を逃してしまいます。

これまでにも、内覧の希望があった時に、売主の協力が得られないところは、売却で苦戦しているのをずいぶん見てきました。

1回目の内覧では立ち会わなくて結構ですが、家を気に入り、「もう1回見たい」と言ってこられたときは立ち会ってもいいでしょう。

ただ、内覧の邪魔にならないように心掛けて下さい。

また、内覧時に丁寧に接することで、「いい人だな」と思わせることも大事です。

買うと決まった後の価格交渉時に、『値下げを提示しにくい』という効果もあります。

2つめは、『広告』ですが、不動産会社としては、なるべくお金がかからないホームページに掲載します。

でも、それだけでは多くの人の目にとまりません。

少し費用はかかりますが、担当者にお願いして《スーモ》《ホームズ》《アットホーム》《オウチーノ》の4大不動産サイトに掲載してもらいたいところです。

インターネット以外にも、新聞の折込チラシ、ポスティング、誘導看板の設置などでアピールするのもよいでしょう。

熊本の不動産《ジョイホーム》では、皆様からのお電話お待ちしております。

☎ 096-288-0611

お問合せ:http://n-b.jp/?page_id=62

無料査定:http://fudousatei.com/free/