家を売ると、ほかの所得と損益通算できます

マイホームを手放すにあたり、ほとんどの方が譲渡損失(購入額よりも、安く売却した時に生じる損失)の方が大きいでしょう。

普通なら、家を売って発生した損失は、給与所得などの他の所得と損益通算(控除)することはできません。

しかし、要件を満たすものに限り、損益通算ができ、支払う所得税を少なく出来ます。

いくつかありますが、例としては

◯自分が住んでいる家を売ること

◯売却の年の1月1日でちょうど5年を過ぎていること

◯以前に住んでいた家の場合は、住まなくなった日から3年目の12月31日までに売ること

◯10年以上の住宅ローンの残高があること

さらに、損益通算しきれない損失を翌年以降に持ち越すこともできます。(繰越控除)

また、家を買い替えた場合には、上記の受けられる特例に加え、住宅ローン減税と組み合わせて使うことができ、無駄なく節税効果を得ることもできるでしょう。

中古住宅を売る時に関連してくる税制の大体のところを、ここでは簡単に挙げましたが、実際はとても複雑です。

詳しくは熊本の不動産《ジョイホーム》までお問い合わせください。

このサイトにお越しくださいました皆様との出逢いに感謝し、一人でも多くの方のご期待にこたえられますように頑張って参りますので、何かお困りがございましたらお気軽にご相談ください。

お電話お待ちしております。

電話 096-288-0611

お問合せ:http://n-b.jp/?page_id=62

無料査定:http://fudousatei.com/free/

最近の投稿

PAGE TOP