家の「価値」を上げる3つの方法とは

これまでに何度か挙げました、家を売るには「タイミング」が大事だけではなく、その物件の「価値」を上げることも大切です。

外国では、新築より中古物件のほうが需要が高いのですが、日本人(特に熊本人)は新し物好きなため、中古に対してのイメージはあまり良くないようです。

その不安に思っていることの中のいくつかで、

① 建物の状態はどうなのか? 

  シロアリの被害はないか?

② 購入後に欠陥が見つかったりしたら大丈夫?

  何年で、いくらまで保証される?

③ 建てる際、どんな材料を使ったの?

  ちゃんと修繕・リフォーム工事をしたの?

などはとても気になるところだと思います。

この建物の価値を高めて証明する3つの方法が、『①インスペクション』『②瑕疵保険』『③住宅履歴情報』です。

※この3つにかかる費用は10~15万円ほどかかります。

この3つがあるのと無いのとでは、買いたい人にとって中古に対しての不安が取り除けるし、なんといっても販売価格は200~300万円もの差がつきます。

過去に、この3つを利用して、通常ならばゼロ査定とされる中古物件が、800万円の価格で売れました。

このように、家の価値を上げて、少しでも高く売れるように3つの方法を利用されることをお勧めします。

分からない事、何かお困りがございましたら、お気軽にご相談ください。

熊本の不動産のことなら《ジョイホーム》まで

電話 096-288-0611

お問合せ:http://n-b.jp/?page_id=62

無料査定:http://fudousatei.com/free/

最近の投稿

PAGE TOP