• 2017.03.20

不動産会社との交渉のしかた

これはどこの不動産でも同じことですが、家の査定を依頼すると必ず、「なぜ売ることになったのか」と理由を聞かれます。

契約が進み、いよいよ販売活動に入りますが、全てを不動産会社に任せっきりにせず、あなたからも積極的にいろいろと質問をしてください。

まずこれだけは確認しておきたいのが、《瑕疵保険・インスペクション・住宅履歴》に対してのサービスはあるのか?

ないとしても、知識は持っていてきちんと対応してくれるのか?

これがあるかないかで販売価格の高低が違ってきます。

もう1つは、両手取引についての姿勢です。

現在の日本では新築よりも、中古物件の取引が少ない理由に、『手数料の収入の低さ』があげられます。

新築物件を扱えば、売主(建築会社)と買主の双方から手数料がもらえますが(両手取引)、中古住宅の場合は、買い主からしか手数料を得られません(片手取引)。

(売主と買主がそれぞれ別の業者に仲介を依頼する場合は『わかれ』と言い、
業者は自分の依頼者である一方から手数料を受け、これを俗に『片手』(かたて)と言います。)

手数料収入が少ない=歩合給が少ない

したがって、不動産会社、特に営業担当者は「中古物件は取り扱いたくない」というのが本音です。

これは仕方のないことかもしれませんが、それでも手数料の利益に関係なく「買主からは手数料はいただかない!」という覚悟を持ってくれる担当者は、とても良い営業担当者と言えるでしょう。

また、「あなたの会社では、『分かれ(片手取引)を良しと思っていますか?」

「両手、片手取引、にこだわりなく売ってもらえますか?」

などと、単刀直入に聞いてみてください。

「はい。もちろんです。」

と返っては来ても(その答えが本心でないにしても)、少なくとも、「私は都合がいいだけの売主ではない。」と営業担当者に分からせることができますし、会社側もいい加減な販売活動をしないのではないかと思います。

他にもわからないことがあれば熊本の不動産《ジョイホーム》にお気軽にお問い合わせください。

お問合せ:http://n-b.jp/?page_id=62

無料査定:http://fudousatei.com/free/