これからはますます「空き家」が増えていく

ここ最近、ニュースや新聞などで「空き家問題」という言葉をよく耳にすることが増えてきたように思いませんか?

「1年以上使われていない建物」を空き家と定義されており、現在約820万戸あると言われています。

2020年の東京オリンピックの年には1,000万戸、2033年には2,150万戸にまで増えるのではないかと予測されています。

テレビなどでは、「空き家」の悪いところばかりをクローズアップして話題にしていますが、メリットとしては、将来的に取り壊してアパートを建てたり、駐車場にしたり、子孫に譲ったりすることができます。

また、空き家は過疎地域に多いイメージがありますが、今後爆発的に増える可能性が高いとされているのは、都市部の方だと言われています。

空き家がどんどん増えてきているのは、いくつかの原因がありますが、よく言われる一つとして、「解体すると固定資産税が高くなるから、住まなくてもほったらかしにしている。」というものがあります。

他に、中古住宅市場の他国に比べて、政府や日本人(新し物好きが多い)が新築住宅市場を優遇しすぎた結果が、空き家が増えていった原因の一つになったのではないかと思います。

これから先、家をどうしょう?と考えておられる方は、(特に地方の過疎地域の家は売れにくい)いつ販売活動に入ったらいいのか、駐車場にしたりして有効活用できないのかどうかを含めて考えられると良いのではないでしょうか。

お尋ねになりたいことなどございましたらお気軽にお電話ください。

電話 096-288-0611

お問合せ:http://n-b.jp/?page_id=62

無料査定:http://fudousatei.com/free/

最近の投稿

PAGE TOP