• 2017.04.12

査定額を高く提示してくる不動産会社は要注意

家を売ることが決定して、いくつかの業者に依頼するとき、あなたなら何を基準にして不動産会社を決めますか?

「知り合いのいるところ」「大手だから安心」「営業者の感じが良かったから」「地元熊本に詳しいから」さまざまな理由があるでしょうが、「一番高く査定価格を提示してくれたから」で選ぶ場合は、気を付けてください。

「お客様のために少しでも高く売ってあげたい」という考えの業者ももちろんたくさん存在します。

そうでない会社は最初からべらぼうに高い価格を出してきて、顧客をつかみ取り、レインズと呼ばれる不動産指定流通機構に登録はするものの、物件情報を見た他の購入希望者がいるにもかかわらず、「予約済みです」などの嘘をついて独り占めし、自社で売ろうとします。

レインズによって、他者に譲ってしまうと依頼してきた売主からしか仲介手数料をもらえませんが、買主からも仲介手数料がもらえるようにどうしても自社で売ろうとするのです。(これを「双方代理」と言います)

つまり、売主の希望通りの価格で売ろうと一生懸命に努力するよりも、価格を下げてでも

「双方代理」で売る方がより多くの収入(仲介手数料)が手に入る仕組みになっているのです。

多くは、高く査定しておいて、「売れないから値段を下げた方がいい」と言い、そこで「売れないよりは」と売主も渋々と値段を下げて売るしかなくなるのです。

家の値段を下げたら、営業担当者のもらえる手数料も減るのではないか?と思われがちですが、彼らもプロですから、双方代理で売主・買主両方から手数料をもらえるように仕組んで、損をしないように事を進めてますので、値段が下がろうと関係ありません。

こういった業者に引っかかることのないように、慎重に不動産探しをしてください。

分からないことなどございましたらお気軽にお電話お待ちしております。

ジョイホーム☎ 096-288-0611

お問合せ:http://n-b.jp/?page_id=62

無料査定:http://fudousatei.com/free/