• 2017.07.21

《任意売却》とは?

少しは景気も回復した・・と巷で言われてだいぶたちますが、長い人生何が起きるか分かりません。病気にかかってお仕事ができなくなったり、会社の倒産やリストラ、または離婚・・・等で住宅ローンの返済が難しくなり、ローンの返済を滞納する人が増えてきています。

《任意売却》とは、諸事情により家のローン返済が出来なくなった直後から、およそ1ヶ月~3ヶ月の間に、債権者である金融機関から催告書や督促状が届きます。それでも返済できずローンを滞納してから3ヶ月~6ヶ月もすると、裁判所から通知が来てあなたの家が競売にかけられてしまいます。ここで大切なことは、この通知が届いた時点であなたの大事なマイホームを手放さなければならなくなるまで「約3ヶ月~6ヶ月程度しかない!」ということです。そのまま自宅が競売にかけられてしまうと、競売物件として新聞やインターネットなどに載り情報が公開されます。もちろん、近所や親類縁者にも知られてしまいます。

そうならないために、債権者(金融機関)、債務者(あなた)、不動産の購入者の3者が納得のいく価格で売買を成立させるものを《任意売却》と言います。